この現状では

やっぱり、今は、キャッチャー不十分っていうのはあるのよね。
で、またですよ。小林ね。何やらワンバウンドのキャッチングっていうのは、一向に抱腹絶倒かぶせるようなああいうとり方をしてしまうっていうのは、特質ができていないのか?あとは、投手を信じすぎているのかな?って。
まぶたが乏しい投手や、投じることに集中しすぎて、サインを忘れ去る、ちがうことをしてしまうという見込を通しておかないとね。ダメでしょうね。
この時ではないけれども、けん制のサインをだしても打者とのレクレーションに集中してしてしまい、けん制を忘れて、投球してしまう投手というのもいるし、けん制なんて煩わしい。走られても、ランナーを返さなくても有効でしょ。って想う投手っているみたいでね。そのあたり、素晴らしい意味でですけれども、信用しない意味、そういうことも重要なのかな?ってね。おもうのよね。今のプレーヤーってね。信頼しすぎかな?といったね。曲り目のサインだしても単刀直入もとれるくらいでないと。ボンキュートを楽天やアマゾンで通販する|ボンキュートの口コミ